人気ブログランキング |
ブログトップ

人生で我慢するのはトイレだけ!

 楽して、怠けて、サボって生きていたい♪      


by 初老女NT
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

中国人の底力

中国の人達が世界中を席巻して久しい。
私は世界の中枢はユダヤ人と華僑が握っていると考えてきたので中国人の力は
昔から認めていた方だと思います。でも、4年前 スペインに滞在した時は、
華僑に限らない中国人の並々ならない力を認識させられましたね。

スペインで現金を引き出す為にATMを使ったんですが、その時のATMの
指示説明の言語選択肢に中国語が入っていたんです。かなり田舎にある
ATMだったのにも拘わらずですよ。バブル全盛期、日本人が大挙して
ヨーロッパに押し寄せた時代にも「日本語」が選択言語になったATMなんて
存在しなかった。ヨーロピアンに見下されているのは日本人と同じだけれども
中国の人達は、やらせる事はきっちりやらせてるって気付かされましたね。
確かにバブルの頃よりヨーロッパの国々は経済的に国力が弱体化している
かもしれない。でも、今、日本人が中国人と同様の購買力を見せたからと
いって同等の結果が得られるとは、とても私には思えないな。

で、中国人と日本人の根本的な違いは何なんだろうと考えてみたんです。
そしてそれは「お客様を神様と思う」かどうかじゃなかろうか・・・と。
日本人って買い物をしてあげている感が強い・・・気がしません?
お客は神様。買ってあげている私に感謝しろ→私は偉い臭があるというのか
自分が優位であると思い込む、日本人同志でさえ鼻につくものがある(と私は思う)
なのでバブル期に日本人客(成金多し)の相手をしたヨーロピアンも
かなり不愉快な思いをさせられたんじゃないかしらん。
(この手の事は言葉が通じなくても相手に通じてしまうもんでしょ?)

そこへいくと中国人、素直に買いたいから買うだけ。
お金が有るからいっぱい使うだけ。お客様は神様なんて微塵も思ってない
「客=神様ではない」と売る側・買う側の両方が思っている。これ結構大事。
そういう同じスタンスの客・中国人がバブル期の日本人を凌ぐ買い物を
してくれるという。これに対して売る側のヨーロピアンが、中国人の
行儀の悪さには目をつぶって優遇してあげたら美味しい思いが出来ると
思い至った。これが私のヨーロッパ中国化日本敗退原因論(←大げさ・笑)です

ところで私は海外に居る時は必ずと言っていい程、現地在住の中国人に
「中国人」と間違われます。中国語でまくしたてられるのを遮って
「私、日本人なんで中国語わかんないわ」と言うと、これ又必ずと言っていいほど
「えー!嘘!あんた、私の妹に(叔母に・友人に・息子の嫁に)そっくりよ!」と
言い返されて。私の顔って内モンゴル辺りの中国人顔なんでしょうかね(苦笑)
でも、 あれって もしかして私の行動が中国人に違和感を感じさせない程の
傍若無人ぶりを発揮していたって事かしらん?・・・これはマズいかも。

※海外で買い物をされる全ての日本人が「お客様は神様」的態度だと
 思っているわけではありません。
d0385411_18152637.jpg
↑ トースト・トラベル(ゴールデン・ウィーク最終日によせて)

Commented by kanafr at 2018-05-10 08:42
たびたび私も今の中国人の観光客の買い物ぶりを記事にしていますが、おっしゃる通り、中国観光客からの訴えで作られたルーブルでの臨時警察所の設立と言い、中国人はやらせることはしっかり相手の国に要求しやらせています。
日本人だってバブルの時はあんなに買い物をしたじゃないか!っていう方がいましたが、ハッキリ言ってバブル期の日本人の買い物の仕方に眉をひそめていたフランス人がどれほどいた事か!札束で頬を殴るような真似をしていた日本人多かったですよぉ。
フランス人の販売員がニコッととしただけで、喜んだり親切だと思い込み、なにも文句も言えない日本人がどれほど多いか、それは今でもです。
そしてお客様は神様という態度をするのは、相手が日本人の販売員だった時の日本人の姿です。
それも、昔とあまり変わりません。
それに比べて、中国人はそんな事など微塵も思っていません。おっしゃる通り欲しいから買うだけで、ただひたすら自分の要求を言いまくるだけです。
もしこれだけヨーロッパ経済が落ち目にならなければ、ヨーロッパ人が中国人の行儀の悪さに目をつぶるなんて事はしなかったかもしれませんが、今やそんな事も言っていられませんものね。
かつてはフランス人経営の問屋街も、今はほとんど中国人オーナーです。中国人の気に入るデザインをする大ブランドと言った表から、問屋街の裏面から、中国の社会は、しっかり浸透しています。
中国の外交の上手さ、日本人の外交力の弱さは、単に政治の社会だけで起きているのではなく、すでに平民の社会では成立していますもの。
もし、日本が経済力を再び持つようになっても、今の中国のような力を世界に示すことができるとは思えませんね。
Commented by NT-patientless at 2018-05-11 15:52
> kanafrさん
現在、世界を席巻している中国人は自国に於いて「世界最強の交渉相手・中国人」を
相手に勝ち抜いて&出し抜いて富を得てきたツワモノ。
どうやったらこんな相手に勝てるというの?というのが私の考えです。
それに「中国人!」という言葉が、全アジア人への侮蔑の代名詞になる程に
中国人労働者が大昔から世界中に浸透していたという事実も忘れちゃいけない。
相手国の事を知り尽くすのに充分な時間があったという事ですもんね。

以前、在日韓国の人が自分達は絶対帰化しない、でも在日中国人は賢いから
簡単に中国籍を捨てて日本へ帰化すると言ってました。
中国の人達は日本に限らず、どの国ででも可能であれば国籍を取得します。
中国籍を捨てたからといって中国人の誇りが失われる?まさか!
どの国の人となってもあくまでも中国人は中国人。そこにその国の国籍という
強みが加わってさらなるパワーアップを謀るだけ。
>問屋街の裏面から、中国の社会は、しっかり浸透しています。
フランス国籍を取得した中国人店主達が、フランス国家の庇護のもと
中国人客という増え続ける需要に応えるべく、供給源になる。
そして美味しいとこをいっぱい持って行く。これで増々フランスの中国化は進む~
ホント、止まらないメリーゴーランド状態だなぁ(苦笑)

レース場で、ちょっと前を走っているように見えていた中国という名の車。
だから日本人は悔しく思い、すぐに追いつけると考えてきた。
でも実際は、日本は中国に何周も差をつけられた挽回不可能な周回遅れ。
日本人も、この事実を認めて中国人相手に嫉妬したりライバル視したり
するのをやめたら楽になれるのになぁ・・・と私は思ってます
by NT-patientless | 2018-05-06 06:10 | Comments(2)