人気ブログランキング |
ブログトップ

人生で我慢するのはトイレだけ!

 楽して、怠けて、サボって生きていたい♪      


by 初老女NT
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お直し叔母

うちの母方に私が生れる前、多分60年以上前に
美容整形で二重マブタにした叔母がいます。
二重にしたのは確かコンタクトレンズが二重の方が
入れやすいからというのが理由だったような・・・

子供の頃から、この叔母の整形二重マブタの件は隠し事でも
なんでもなかったので今まで意識して来ませんでしたが
よく考えると結構な昔に今流行の「お直し」をしていたんだなぁと気づきました。
二重マブタにする手術には眼球に麻酔注射を打つというのがあったはずで
我が叔母ながら勇気あるなぁと変に感心したり。
でも この二重マブタ、昔の手術なのに全然違和感がない上手いものでしたよ。
これは生れた時から、その整形した二重の顔が普通と思って
接して来たからそう思うだけかもしれませんけどね(笑)

私自身は眼球に注射してまで二重にしたいなどとは思いませんでしたが
母は自分自身が二重マブタに憧れていたけれど実行に至らなかった人なので
自分の代わりに私のはれぼったい一重まぶたをなんとかしたいと考えたのか
「二重マブタの手術するんやったらお金出したげるえ~」と失礼な事を
ホザいてくれましたわ。断固拒否しましたけど(苦笑)

Commented by kanafr at 2018-05-22 09:07
えええええ、二重瞼にするって、瞼をつまんでその部分に麻酔をするのではなく、眼球に麻酔注射をするんですか!
そりゃあ、痛いでしょうねえ。
私が高校生の時に、母が緑内障の手術を受けましたが、その時麻酔の注射を手術室の横の診察室でやりました。私はその診察室の横のみんなが診察を待っているような場所で座っていたんですが、眼球に注射されたらしい母(普段から大声を出すような人ではありませんでした)が、大絶叫し、そのあまりの声の凄さに、待っている私が思わず診察室に駆け込んだくらいでした。
おば様、勇気ある方だったんですねえ。
あのポトックス注射も注射針が細くて、すごく痛いと、やった友人が言っていました。
でも、友人のご主人から、彼女のポトックス注射の報告の電話の後に電話があり、一度やって綺麗になったと快感を覚えるとエスカレートするから、今度会った時に「あまり前と変わらない」と言ってくれと頼まれています(苦笑)
ご主人が言えばいいと思うんですけどねえ。
Commented by NT-patientless at 2018-05-23 15:49
> kanafrさん
もちろん瞼にも、麻酔注射はするようですが
当時は眼球への麻酔注射は必須だったようです
(母は、これが嫌で二重瞼を諦めた根性なし・苦笑)

Kanafrさんのお母様が緑内障の手術をされた頃は、多分麻酔に関する技術が
伴っていない時代だったんだと思います。白内障の手術も今は簡単なようですが
昔は麻酔の痛さ&怖さで片方を手術した後、もう片方を手術するのを嫌がる
患者さんが多かったそうなので・・・

>ご主人が言えばいいと思うんですけどねえ
このご主人は、結婚生活の中で「妻に向かって言ってはいけない」事を
学ばれたんですね、きっと。
その結果のkanafrさんへのお願いではないかと(笑)
by NT-patientless | 2018-05-22 01:18 | 身内 | Comments(2)